Kaori Whiting

【資格】
Pilates Foundation UK (英国ピラティスファンデーション)公認教師

Alan Hardman Pilates Studio (ロンドン)認定インストラクター

Balanced body ピラティスリングトーナー インストラクター

【指導歴】
ピラティス

コンテンポラリーダンス

【経歴】
17歳でダンス・舞台に勉強のため渡英。London Studio Center に入学。Contemporary Dancer Of The Year 受賞。卒業後、The Palladium Theatre (ロンドン・ウエストエンド)での「The King And I」(王様と私)の初演キャストとして出演。The Royal Albert Hall (ロンドン)でのオペラ 「蝶々夫人」に出演。同時にイギリスにて上記のピラティスライセンスを取得し、ロンドンのスタジオやスクールで指導にあたる。10年ロンドンに住み、現在2児の母。

【映画】
ラブアクチュアリー

トゥームレーダー2

アルフィー

ブリジットジョーンズの日記2

【TVコマーシャル】
British telecom

The Times

Roots coffee

MTV Europe

【ミュージックビデオ】

ビクトリア・ベッカム

リチャード・アシュクラフト

Mobirise

Message

私は高校生の頃から椎間板ヘルニアを患っていましたが、渡英後、ダンサーとして週8回公演、毎日ロンドンのウエストエンドの舞台に立っていました。

身体を酷使するため、舞台が終わると痛みで歩けなくなることもありました。

治療のため病院に行きましたが、治療といえばリハビリのピラティス。周りの勧めもあり、治療のために真剣にピラティスをすることを決め、Alan Hardman のスタジオの門を叩きました。

当時の私は、それまでずっとトレーニングといえばダンベルを使用する筋トレをしていたため、トレーニング方法のギャップに少し戸惑いましたが、続けていくうちに確実に身体が変化し、同時に痛みが軽減されていくのを感じました。まずお腹まわりが締まったのを覚えています。

日本ではどこの病院にかかっても「手術しないと治らない」と言われ続けた私も、手術をせずこのヘルニアとも上手く付き合うことが出来、今に至ります。

この体験から、この素晴らしいピラティスをもっとたくさんの方に伝えたいと思い、指導者としての認定を受け、ロンドンのスタジオやスクールで指導するようになりました。

現在ピラティスタウンに来られている方も、姿勢の改善、ダイエット、腰痛・肩こり改善、怪我のリハビリ、産後の骨盤矯正、リフレッシュしたい!など目的は様々ですが、その目的以外のところでも効果を感じられています。

まだまだ「ピラティスってどんなもの?」と聞かれることも多いですが、まずは1人でも多くの方にピラティスを体験していただけたら嬉しく思います。



Yukari Ishida

【資格】
日本ピラティス指導協会(JAPICA)公認マットピラティスベーシック終了

JAPICA 公認マットピラティスコーチ認定

【メッセージ】

私が2010年にピラティスに出会ってから約10年、そこからずっとピラティスを続けてきて、2015年8月に指導資格を取りました。初めは自分自身のため、もっとピラティスを知りたい!と言うことが目的でしたが、ピラティスタウンの一員に迎え入れてもらい、指導経験を積むにつれ、もっとたくさんの方とピラティスの良さを共有したい!と言う気持ちが強くなりました。レッスンのたびに、いつも暖かく迎えてくれるピラティスタウンのみんなにもとても感謝しています。
ピラティスは誰と比べるものでも無く、自分自身と向き合うものであり、いつからでもスタートすることができます。エクササイズに集中することで頭も体もスッキリして、回数を重ねることで、自分自身の進歩に喜びを感じられます。
私自身、ピラティスをすることが好きですが、ピラティスタウンでするピラティスが一番大好きです。皆さんにも同じ様に感じてもらえるように一歩ずつ進んで行けたらと思います。

Built with Mobirise ‌

Web Page Builder